ホーム  > イベント・セミナー  > 終了したイベント・セミナー  > 国際シンポジウム ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)に学ぶ ― 大学の新しい役割 ―

イベント・セミナー

国際シンポジウム ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)に学ぶ ― 大学の新しい役割 ―

2016年12月11日(日)13:30~16:30

国際シンポジウム / International Symposium

ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)に学ぶー大学の新しい役割ー / 

“Community Based Learning (CBL)at Portland State University : New Role of the University”

   日  時  2016年12月11日(日)13:30~16:30
   場  所

龍谷大学深草学舎 和顔館 B201教室

   主  催 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
   共  催

大学間連携共同教育推進事業「地域資格制度による組織的な大学地域連携の構築と教育の現代化」

ポートランド州立大学 / College of Urban and Public Affairs, Portland State University

 プログラム       

◎開会挨拶 / Welcome remarks及びイントロダクション/Introduction
・白石 克孝 / Katsutaka Shiraishi
 地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)センター長 Director, LORC

◎ 基調講演/Keynote Speech
・Sy Adler (Associate Dean of College of Urban and Public Affairs)
  “History, Philosophy and Principles of Community Engagement and CBL at PSU
 
◎パネルディスカッション/Panel discussion

司会:村田 和代 / Moderator:Kazuyo Murata

パネリスト:                              

・Celine Fitzmaurice
 “PSU’s University Studies curriculum for undergraduate education and CBL”

・西芝 雅美/Masami Nishishiba
 “PSU’s CBL approach in professional graduate education”
・Amy Spring
 “Strategic approach in facilitating community-university relationship”
・Jennifer Alkezweeny
 “Supporting professional development of faculty for Community Based
 Teaching and Learning”

◎京都アライアンスからのコメント/Comment from Kyoto Alliance
・山本 真一 / Shinichi Yamamoto
 京都文教大学総合社会学部 准教授 / Associate Professor, Kyoto Bunkyo University
・長光 太志 / Nagamitsu Taishi
   佛教大学 リサーチアシスタント /  Research Assistant, Bukkyo University

◎会場からの質疑応答/Open the Floor to Q&A

◎閉会挨拶 / Closing remarks
・西芝 雅美 / Masami Nishishiba

 

◯ご出席される方は、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

※通訳レシーバ手配のため、早めのご連絡をお願いいたします。
 FAX 送付先:075-645-2240 (龍谷大学LORC 宛)
 E-mail:lorc@ad.ryukoku.ac.jp
メールでお申し込みいただいた皆様には確認の返信をさせていただきます)

◯お問合せ先: 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
 TEL:075-645-2312

◯深草キャンパスへのアクセス

http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html

http://www.ryukoku.ac.jp/fukakusa.html
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3