ホーム  > イベント・セミナー  > 終了したイベント・セミナー  > 「社会関与を進める大学――ポートランド州立大学をどのようにして 地域社会にとって不可欠な存在にしたのか――(The Engaged University: How Portland State Made Itself Indispensable)」

イベント・セミナー

「社会関与を進める大学――ポートランド州立大学をどのようにして 地域社会にとって不可欠な存在にしたのか――(The Engaged University: How Portland State Made Itself Indispensable)」

2017年4月18日(火)

2016年12月11日に、龍谷大学とポートランド州立大学(アメリカ)、地域公共人材 ・政策開発リサーチセンター(LORC)とポートランド州立大学パブリックサービス 研究・実践センターは、教育、研究に関する協定を締結いたしました。 

この度、協定締結を記念してポートランド州立大学 学長ヴィム・ヴィヴェル (Wim Wiewel)氏に「社会関与を進める大学――ポートランド州立大学をどのよう にして地域社会にとって不可欠な存在にしたのか――(The Engaged University: How Portland State Made Itself Indispensable)」と題し、下記の通り講演を行っていただくことになりました。

研究者の皆様、大学院生・大学生の皆様のご参加をお待ちしております。   

日  時:2017年4月18日(火) 14:00~15:30(講演、質疑応答)

場  所:龍谷大学深草学舎22号館305教室

主  催:龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)

共  催:グローバル教育推進センター 

参  加:無料

お問い合わせ:地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)

(電子メール: lorc@ad.ryukoku.ac.jp)

※ご参加をご希望の方は事前に電子メールでお申し込みください) 宛て先:lorc@ad.ryukoku.ac.jp

※当日の使用言語は「英語」となります。同時、逐次通訳等はございません。

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3