ホーム  > イベント・セミナー  > 終了したイベント・セミナー  > ラウンドテーブル「『話し合い学』構築をめざして」

イベント・セミナー

ラウンドテーブル「『話し合い学』構築をめざして」

2016年3月4日-5日 第2研究班:ユニット1

 日時 2016年3月4日(金) 13:00-17:00
       5日(土) 10:00-17:00
 会場 龍谷大学深草キャンパス 和顔館 B208
(地下2階208教室)

開催趣旨

 持続可能でレジリエントな社会構築には、多様な市民やセクターが参加し、創造性を発揮しながら課題を解決する「共創社会」の実現が求められる。

 本ラウンド・テーブルでは、多領域からの研究・実践報告や議論を通して、「共創」を実現するための「話し合いのモデル」と、それを基調とする「社会・制度・政策のあり方」を探求する「話し合い学」構築をめざす。ミクロ(話し合いのメカニズムの解明)、メゾ(協働/連携プラットフォームとしての話し合い実践のモデル化)、マクロ(話し合いを組み込む社会環境・理念の探求)といった多層的・学際的アプローチによる「話し合い学」の学術的展開のみならず、研究成果の社会実装化の可能性についても議論する。 

 

プログラム

3月4日(金)13:00-17:00

司会進行:村田和代(龍谷大学)

13:00-13:30

イントロダクション「話し合い学とは」

村田和代(龍谷大学)

13:30-14:00

「量的分析に基づくファシリテーターの特性推定」

森篤嗣(帝塚山大学 日本語学)

14:00-14:30

地域イノベーションの生成と話し合い―『学習』と『連帯』の視点を交えて」

杉山武志(兵庫県立大学 社会経済地理学)

14:30-15:00

「同時多発テロ後のニューヨークにおける市民参加」

青山公三(龍谷大学 都市計画)

                      休憩

15:30-16:00

「教科間連携授業を通じて育成する話し合い能力―東北防潮堤建設問題を事例にして」

加納隆徳(帝京大学 社会科教育学)

16:00-16:30

「熟議民主主義研究の課題」

田村哲樹(名古屋大学 政治学、政治理論)

16:30-17:00

「地方議会の『話し合い』の何が課題か、どうアプローチするか」

廣瀬 克哉 (法政大学 議会論)


3月5日(土)10:00-17:00

司会進行:村田和代(龍谷大学)

10:00-10:20

イントロダクション「1 日目のふりかえりと2 日目の流れ」

村田和代

10:20-10:50

「裁判員模擬評議における合意の形成過程」

荒川歩(武蔵野美術大学 感情心理学)

10:50-11:20

「裁判員裁判における評議の特徴と課題-模擬評議の話し合いの分析から-」

森本郁代(関西学院大学、会話分析)

11:20-11:50

「話し合いと順番交代―裁判員評議の会話分析から」

小宮友根(東北学院大学 社会学、エスノメソドロジー)

                      昼食

13:20-13:50

「自治体の政策過程における『話し合い』の契機と方法」

土山希美枝(龍谷大学、公共政策学、地方自治)

13:50-14:20

「プラーヌンクスツェレにおける『話し合い』」

篠藤明徳(別府大学 政治学、討議デモクラシー)

                       休憩

14:40-15:10

「Affect ヒューリスティックスとミニパブリックス」

坂野達郎 (東京工業大学 社会工学、公共システムデザイン)

15:10-15:40

「妥協を正しく位置づける」

佐野亘(京都大学 政治理論)

                          休憩

16:00-17:00

全体討議

ディスカッサント:井関崇博 (兵庫県立大学 社会学、市民社会論)

ご所属・連絡先・参加を希望する日程(一日目・二日目)を明記の上、下記アドレスまでお申し込みください。※報告タイトルは変更の可能性があります。

申し込み・問い合わせ先

e-mail: roundtable.lorc@gmail.com
ラウンドテーブル事務局 担当:宗田

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3