ホーム  > イベント・セミナー  > 開催予定のイベント・セミナー  > ラウンドテーブル 話し合いの 可能性を考える

イベント・セミナー

ラウンドテーブル 話し合いの 可能性を考える

2018年 3月6日(火)10:00~17:30 第2研究班:ユニット1

  日  時 2018年3月6日(火)10:00~17:30
  場  所 龍谷大学深草学舎 B108(地下1階)
  主  催 地域公共人材・政策開発リサーチセンタ-

市民を含む多様なステークホルダー間の話し合いを通した公共的課題の解決は、
90年代から活発に行われるようになってきました。一方、こういった話し合いが
形骸化しつつある点や、時間やエネルギーがかかる点も指摘されています。
本ラウンドテーブルでは、多様な領域からの報告を通して、人口減少や超高齢化
社会を迎えるこれからの日本の社会にとって、話し合いがどのように貢献ができ
るのかをあらためて問い直します。

(プログラムは下記をご参照ください)

●プログラム

【午前】10:00~12:30

1.村田和代(龍谷大学) 「いい話し合いとは」         【社会言語学】

2.佐藤徹(高崎経済大学) 「無作為抽出方式による市民討議会の熟議の実態を
探る」 【行政学】

3.井関崇博(兵庫県立大学)「生活者によるインフォーマルな社会課題の話し合
い」【社会学】

4.杉岡秀紀(福知山公立大学)「フューチャーデザインと地域創生 」【公共政
策】

5. 野村恭彦(株式会社フューチャーセッションズ、KIT虎ノ門大学院)
「渋谷をつなげる30人:クロスセクター対話による地域イノベーション」【イノ
ベーション・マネジメント】

6.田中富雄(大和大学)「議会での議論の可能性」【公共政策】

【午後】14:00~17:30

7.宗田勝也(同志社大学)「難民政策における「話し合い」」【多文化共生】

8.中村香苗(台湾淡江大学)「母語話者と非母語話者による話し合い授業の成果
ー母語話者の気づきを中心にー」【日本語教育、社会言語学】

9.岡本能里子(東京国際大学)、服部圭子(近畿大学)
「LINEによる話し合い」【日本語教育、社会言語学】

10.中川雅道(神戸大学附属中等教育学校)「子どものための哲学と話し合い」
【教育学・臨床哲学】

11.森本郁代(関西学院大学) 「話し合いを通した自律性の育成―大学のゼミで
の実践から」【会話分析】

12.香取一昭(組織活性化コンサルタント)「会話のネットワークが未来を創る」
【組織開発】

13.佐野亘(京都大学)「話し合いにおける3つの「合理性」」【政治理論】

全体ディスカッション

タイムスケジュールは当日の状況に応じて若干変更する可能性がございます。

●お申込み先 ※ご参加をご希望の方は事前に電子メールでお申し込みください

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学深草学舎紫光館3F
TEL:075-645-2312
メール:roundtable.lorc@gmail.com

●定員:30人(先着順)

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3