1. HOME
  2. 研究員リレーコラム
  3. LORC「オープン・リサーチ・センター」の意味

研究員リレーコラム

LORC「オープン・リサーチ・センター」の意味第1研究班

コラム投稿者

新川 達郎

同志社大学大学院総合政策科学研究科教授

 龍谷大学地域人材・公共政策開発システム・オープン・リサーチ・センターの活動には2003年に始まるフェーズ1から参加をさせていただいてきました。行政研究、特に地方自治や地方制度に関心を持っていたこともあり、特に参加・協働型の地域公共政策開発やそのための人的基盤のあり方を探求しようという研究の主旨に共感して、及ばずながらこれまで共同研究を続けてきました。
  この研究に参加させていただいて、つくづくありがたいと思ったことがいくつかありました。それは、調査研究の先駆性やその広がりと深さ、それらがもたらす知的な興味関心というところはもちろんですが、もう一つ重要だと感じたのは、「オープン」という文字通り開かれた調査研究という基本的なところでした。今更ということもあるかもしれませんが、理論と実践、社会科学系と自然科学系、地域と大学、さまざまな壁や溝を乗り越えようという努力が、LORCの長い名前の中に込められていました。
  海外も含めた地域公共政策の現場や地方自治体職員との交流と協働の実践は、実に多様な経験と貴重な刺激をいただきました。また不十分かもしれませんが、研究の中で生み出してきたものをいくばくかは地域にお返しすることができたのではないかと思っています。とはいえ、こうしたLORCのフェーズ1の研究からは、当初の研究課題を解決し実践に活かすという意味では不十分なところもありました。フェーズ2では、地域公共政策を担う具体的な人材の育成や、地域と大学との戦略的連携などの次の課題が明らかになっています。
  私自身がこれらの調査研究とその実践においてどこまで貢献できるのかは不確かです。しかし、龍谷大学の外側から参加しているという戦略的位置を活かして、専門分野からの究明を続けると共に、熱意を持ったアウトサイダーとしてLORCの諸研究に参加することで、相互に大きな成果を得られればと考えています。

2009.06.01

  • ページの先頭へ戻る

  • ホーム
  • LORCについて
    • 第1研究班「持続可能な地域社会システム」研究班
    • 第2研究班 「地域公共人材開発システム」研究班
    • 第3研究班 「協働型公共政策」研究班
    • 関連プロジェクト
  • 出版物のご紹介
  • 研究員リレーコラム
  • 研究員専用ページ

LORC旧サイト 第1フェーズはこちらをご覧下さい

LORCパンフレット (PDF)

龍谷大学
地域人材・公共政策開発システム
オープン・リサーチ・センター
(LORC)

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学深草学舎紫光館3F

TEL
075-645-2312

FAX
075-645-2240

E-mail
webmaster@lorc.ryukoku.ac.jp

アクセス&キャンパスマップ

龍谷大学ウェブサイト