1. HOME
  2. LORCについて
  3. 第1研究班「持続可能な地域社会システム」研究班

第1研究班「持続可能な地域社会システム」研究班

第1研究班は、持続可能な地域社会をつくるための公共政策を基礎づける理論について、研究を行います。持続可能な地域社会をつくるには、政府、企業、市民がそれぞれに活動するのではなく、一つのテーブルについて地域の問題を解決する「マルチパートナーシップ」と、そこで活躍する「地域公共人材」が育っていくことが重要です。

「マルチパートナーシップ」や「地域公共人材」の育成と活躍 を通じて、持続可能性を実現する地域社会とはどのような社会 か。そのような地域社会をつくるガバナンスのシステムとはど のようなものか。これからの地域公共政策の基礎となる考え方 をつくり上げることが第1研究班の役割です。

また、第2研究班、第3研究班の実践的な研究活動に対して、第1研究班は持続可能性を実現する地域社会システムの理論研究に取り組みます。第1研究班は、個々の実践的研究活動を理論的に評価し、それらを全体の見取り図に位置づけながら、LORC全体の研究活動の意義を高める役割も持っています。

主要研究テーマ

「持続可能性」概念と「ガバナンス」概念を架橋する理論的フレームワークの構築

政府のダウンサイジング(規模縮小)とは異なる、持続可能性を実現するための地域ガバナンスのあり方について、世界的な実践・研究の展開を 踏まえつつ、基本的な考え方を確立します。

地方政府の「持続可能性」への挑戦に有効な政府指標の検討

マルチパートナーシップの主要なアクターの一つである地方政府が、持続可能な地域社会をつくる政策を形成・実施していくためのツールとして、「持続可能な自治体指標」の作成に取り組みます。

持続可能な地域社会の実現に向けた学際的公共政策の検討

持続可能な地域社会をつくる政策は、多くの政策的・学問的領域をまたがる問題を扱います。学際的に公共政策を検討し、持続可能な地域社会システムの研究にフィードバックします。

実践的研究活動の有効性を高める共同研究スタイルの確立

様々な実践的研究活動を有機的に結びつける、いわば「研究統括」班としての役割をはたします。これによって研究活動が「縦割り」になることを防ぐとともに、実践的研究活動の有効性を高めます。

年次計画

2008年度 地方政府のサステイナビリティ実現政策に必要な政策指標の提示
2009年度 持続可能性な地域社会の実現に向けた学際的公共政策の提示
2010年度 地域連携研究拠点の整備

研究員一覧

氏名 所属・役職 研究課題 研究プロジェクトで果たす役割
白石 克孝 龍谷大学法学部
教授
地域ガバナンスと地域持続可能性の接合理論の構築 (センター長・班代表)持続可能な地域公共政策の設計
石田 徹 龍谷大学法学部
教授
地域ガバナンスの政策領域別インパクトの研究(福祉・雇用政策) 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
柏 雅之 早稲田大学人間科学学術院
教授
地域ガバナンスの政策領域別インパクトの研究(農村政策) 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
斎藤 文彦 龍谷大学国際文化学部
教授
地域ガバナンスと地域持続可能性の接合理論の構築 (副センター長)持続可能な地域公共政策の設計
清水 万由子 長野大学環境ツーリズム学部
研究員
地域ガバナンスと地域公共政策の研究 参加協働型の地域公共政策の研究
千賀 裕太郎 東京農工大学大学院共生科学技術研究院
教授
環境資源管理システムを活用した地域公共政策の研究 地域環境資源管理政策の研究
辻本 乃理子 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科
准教授
参加協働型の地域公共政策の研究 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
中林 浩 神戸松蔭女子学院大学人間科学部
教授
地域ガバナンスの政策領域別インパクトの研究(都市政策) 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
長峯 純一 関西学院大学総合政策学部社会学研究科
教授・日本公共政策学会副会長
地域公共人材像の研究 地域公共人材像の研究
新川 達郎 同志社大学大学院総合政策科学研究科
教授
地域ガバナンスと地域持続可能性の接合理論の構築 (班副代表)持続可能な地域公共政策の設計
堀尾 正靭 龍谷大学法学部
教授
環境資源管理システムを活用した地域公共政策の研究 地域環境資源管理政策の研究
小山 善彦 Centre for Urban and Regional Studies, Birmingham University 参加型 地域公共政策と英国における地域ガバナンスの事例研究 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
Bob Evans Professor, Sustainable Cities Research Institute, Northumbria University 地域ガバナンスと地域持続可能性の接合理論の構築 持続可能な地域公共政策の設計
Steven Johnson Adjunct Professor, Portland State University 参加型地域公共政策と米国における地域ガバナンスの事例研究 地域ガバナンスと地域公共政策の研究
Eric Ponthieu Head of Unit, Unit-TEN European Economic and Social Committee EUによる持続可能性実現への政策フレームの研究 持続可能な地域公共政策の海外事例紹介
Gino Van Begin Regional Director, ICLEI Europe 地方自治体による持続可能性実現への取組みの事例研究 持続可能な地域公共政策の海外事例紹介
  • ページの先頭へ戻る

  • ホーム
  • LORCについて
    • 第1研究班「持続可能な地域社会システム」研究班
    • 第2研究班 「地域公共人材開発システム」研究班
    • 第3研究班 「協働型公共政策」研究班
    • 関連プロジェクト
  • 出版物のご紹介
  • 研究員リレーコラム
  • 研究員専用ページ

LORC旧サイト 第1フェーズはこちらをご覧下さい

LORCパンフレット (PDF)

龍谷大学
地域人材・公共政策開発システム
オープン・リサーチ・センター
(LORC)

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学深草学舎紫光館3F

TEL
075-645-2312

FAX
075-645-2240

E-mail
webmaster@lorc.ryukoku.ac.jp

アクセス&キャンパスマップ

龍谷大学ウェブサイト