センター長挨拶

LORCは、2011年度より正式名称を地域公共人材・政策開発リサーチセンターとして新たに文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2011~2013年度)の助成を受け、現在共同研究を進めています。

LORCの研究は、2003年度から2007年度までのフェーズ1、2008年度から2010年度までのフェーズ2を経て、今期の活動に入っています。フェーズ1では参加型・協働型の公共政策開発・実践に必要な地域社会システムとそれを担う人材について研究を行い、フェーズ2ではフェーズ1の研究成果を実際に社会へ導入し、定着させる仕組みづくりに取り組んできました。

今期のLORCでは、これまでの研究成果を踏まえ、「人口減少時代における持続可能な地域づくりのための制度的インフラと地域公共人材育成の実践的研究」という課題を掲げて共同研究を行っています。持続可能な社会の実現をはかる地域政策と政策実現のための制度的なインフラの研究を進める第1研究班と、地域公共人材の育成をより社会実験的で実践的な取り組みを通じて具体化していく第2研究班からなる研究体制の下、地域社会や他大学との連携をはかりながらLORCの強みである理論と実践を架橋する観点をより一層発展させた研究を行っていきたいと考えています。

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター
センター長 : 石田 徹(龍谷大学政策学部 教授)

ページの先頭へ