ホーム  > イベント・セミナー  > 開催予定のイベント・セミナー  > 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 15周年記念シンポジウム/龍谷大学380周年プレ企画 「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」

イベント・セミナー

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 15周年記念シンポジウム/龍谷大学380周年プレ企画 「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」

2018年9月29日(土)13:30-16:00

 最近、SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)を様々な場面で目にするようになりました。SDGsとは、2015年9月に国連サミットで採択されたもので、持続可能な社会の実現に向けて国連加盟の193か国が2016~2030年の15年間で達成するための17の目標が掲げられています。その目標をどのようにして達成するのか、については企業・自治体・市民など多くの方々にとって興味・関心のあるテーマとなっています。

 そこでこの度、サセックス大学(イギリス)教授Andrew Stirling(アンドリュー・スターリング)氏をお招きして、「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」をテーマにシンポジウムを開催します。

※本シンポジウムは、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)15周年記念シンポジウム、龍谷大学380周年プレ企画として開催します。

  日時            2018年9月29日(土)13時30分開始、16時終了
  会場 龍谷大学深草キャンパス 22号館3階303教室
 〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/fukakusa.html
  主催 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
  共催 アミタホールディングス株式会社、公益財団法人信頼資本財団
  定員 100人
  参加費 無料

 

【タイムスケジュール】

13:30〜13:40

[主催者挨拶]

 白石 克孝(龍谷大学 LORCセンター長/政策学部教授)

13:40~15:00

[記念講演]

 アンドリュー・スターリング(Andrew Stirling, サセックス大学教授)

  “Navigating Pathways to Sustainability: expertise and democracy
  in transformative change”
 「持続可能社会への細道をどう前進するか:大転換における専門的知見
  と民主主義」

15:00〜16:00

[質疑討論]

  熊野 英介(アミタホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長/
        公益財団法人信頼資本財団理事長)

  堀尾 正靱(東京農工大学 名誉教授/龍谷大学政策学部 前教授)

  的場 信敬(龍谷大学LORC 副センター長/政策学部教授)

                                    ※英語には逐次通訳がございます。

 

 


【お申込み先】

ご参加をご希望の方は事前に電子メールでお申し込みください。
受付メールアドレス:lorc@ad.ryukoku.ac.jp

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67龍谷大学深草学舎紫光館3F
TEL:075-645-2312

 

 

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3