Need Help?

Research Centre for the Local Public Human Resources and Policy Development

地域公共人材・政策開発リサーチセンター

紹介

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)のホーム・ページをご覧くださり、ありがとうございます。LORCセンター長の村田和代です。

LORCは2003年に「地域人材・公共政策開発システムオープン・リサーチ・センター」として設置されました。第1期(2003年度~2007年度)では「地域における公共政策と人的資源の開発システムの研究――参加型政策形成から認証制度まで――」、第2期(2008年度~2010年度)では「地域における公共政策と地域公共人材の開発システムに関する研究」をテーマとして研究を進めました。その後、2011年に名称を現在の「地域公共人材・政策開発リサーチセンター」に変更して、第3期(2011年度~2013年度)では「人口減少時代における持続可能な地域づくりのための制度的インフラと地域公共人材育成の実践的研究」、第4期(2014年度~2018年度)では「限界都市化に抗する持続可能な地方都市の『かたち』と地域政策実装化に関する研究」を進めました。

これを受けて現在の第5期では「包摂的発展を可能にする新たなエコシステムの創出」についての研究を進めています。

LORCは、2003年の設立から、理論と実践を架橋する研究機関であり続けてきました。当初から一貫して持続可能な発展の実現を目指し、世界的視野から地域課題をとらえ、市民・企業・自治体など多様な主体と連携し、研究と現場の互恵的還流による公共政策の理論・実践のモデルを構築・提示を行ってきました。

LORCは、「持続可能な開発目標」(SDGs)の確実な達成に貢献するために、学内はもちろん、域内や国内外の多様な機関のハブとして機能することを目指します。ゴールは、多様な主体、とりわけ疎外されがちな少数者や社会的弱者をも包摂した政策主体連携による、人間の福利、社会的・環境的持続性、エンパワメントを増大させる「包摂的発展(Inclusive Development)」を可能にする新たなエコシステムの創出です。