line

LORCは、地域社会システムに関する研究を国際的な共同研究体制のもとで行っており、持続可能な地方都市行政の「かたち」と、それを実現するための地域政策実装化への道筋に関する研究を行っています。

急速な少子高齢化に関する社会情勢の変化、及び地域資源の管理・活用能力の低下を背景とし、本プロジェクトは大学地域連携型により地域の課題導出と解決の研究拠点となり、全国のモデル事例になることに実践的な意義があります。

line

LORC has carried out international joint research on local community systems. Currently, it takes notice of the “shape” of sustainable local cities and the implementation of local policies realising it.

In the contexts of the social transformations related to rapid ageing and the incapability of managing and utilising local resources, LORC endeavours to become a research centre for solving local problems in collaboration between universities and communities. It attaches practical significance to establishing a model case for other parts of the country.

TOPICS

トピックスは、現在ありません。

EVENTS&SEMINARS

2016 年 12 月13 日(火)

コミュニティ・ベースド・ラーニングを学ぶCBLサポートスタッフのためのワークショップ

このたび、ポートランド州立大学でサポートスタッフとして活躍す る講師をお迎えし、アクティブラーニングの支援について研修会 を開催します。

2016年12月11日(日)13:30~16:30

国際シンポジウム ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)に学ぶ ― 大学の新しい役割 ―

12月11日(日)13時30分より、龍谷大学(深草キャンパス)で、ポートランド州立大学との共催による「国際シンポジウム」を開催いたします。

ARCHIVE

  • LORC Phase1
  • LORC Phase2
  • LORC Phase3